都市のシンボルについて

大阪を車で訪れると、吹田のインターで太陽の塔が迎えてくれる。
「大阪にきたなあ」と気持ちが高揚する瞬間。

130220_2

シンボリックな構築物が街の顔となっている例として、京都駅ビルの大屋根空間にもよく似た高揚感を感じる。
あるいは、海外から関空に帰国すると、JR環状線で大阪市内に向かう車窓に通天閣が霞んで見えるにつけて、「無事日本に帰れたなあ」と感慨深かった記憶がある。

130220_3

そんなことを考えると、インフラの玄関口にその都市特有の構築物を配することは、
都市のアイデンティティを意識させるのに有効である。

だけど、東京や名古屋には、このような気持ちを掻き立てる都市のシンボルが無いように思う。コクーンタワーもツインタワーもスパイラルタワーも、街を象徴するようなエネルギーを発しているとは、僕には思えない。
個人的な思い出や記憶が関係しているだけの話かもしれないけれど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です