村野藤吾からシーザ・ペリへ

130225

天王寺に立ち寄ったところ、近鉄百貨店跡に建つあべのハルカスの現場で、あのエレガントなバルコニーのレリーフが今まさに撤去されようとしていました。

心斎橋そごう・神戸大丸・新歌舞伎座など、村野藤吾が手がけた名建築が姿を消しつつあるけれど、「消費文化に身を捧げた村野さんからしたら、消えていくのが本望ちゃうかなあ」と建築家の吉井歳晴さんが以前言っていたのを思い出して、妙に納得してしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です