いわさきちひろの黒姫山荘

先日、安曇野ちひろ美術館の脇に復元されている黒姫山荘を訪れました.

DSC_0046

 

東京での慌ただしい生活を経て黒姫に移り住んだ彼女は、

この小さな ささやかな場所で、宮沢賢治の「花の童話集」や「あかまんとうげ」などの

制作に没頭しました.

 

ここで 穏やかな心持ちで描かれた彼女の作品には

彼女が愛した息子がモデルになっているものが多くあるそうです.

 

絵に添えられた ちひろのことばが印象的でした

 

うしおのように流れ出す愛情を、どうしようもなくて