REA建築工房ツアー

今まで実際の建物を見たことがなかったのですが、
REA建築工房を主宰されている武市義雄さんが設計した諸建築を見て回る機会がありました.

奈良にある正暦寺の諸施設や 江戸時代から残る蔵や門を残して住まいを挿入した作品を見せていただき、
ディティールと空間構成のおおらかなバランス感覚  庭と建築の接点のつくり方などに
大変感銘をうけたのですが、

僕が感覚的に一番ぐっときたのは

この倉庫でした.

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

縦横の比率や軒の出寸法が心地よく、手前の空き地が距離感を生み出すことに利いていて、建物の圧迫感が抑えられています.
厚めの屋根も道路側のこの距離からだとすっきり見えて、逆に建物を覆っていることの安定感が感じられます.

 

ローコストの何気ない倉庫ですが、こういうものに感じる心地よさをひろっていきたいと思いました.