原風景

なつかしい風景があります.

Image0034

今は年に何回かしか訪れなくなってしまったけれど、

 

陰ではなく光を 場所ではなく時間を 音楽ではなく音を 歌声を

ものではなく人を 冬のガスヒーターの匂いを 図書館みたいなこもった匂いを

感じて、ここに自分がいることが許された風景.

 

たまに訪れたくなります.