Alvar Aalto 自邸

Alvar AaltoはFinlandが生んだ20世紀を代表する建築家です.

彼が38歳のときに建てて、その後亡くなるまで40年間暮らした自邸が
Helsinki中心部から北西に1.5kmのところに在り、今もなお保存されて残っています.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

家具や器といったプロダクトやRovaniemiの都市計画など、さまざまなスケールのデザインに取り組んだAaitoでしたが、
とりわけシンプルかつ丁寧なデーティルと 自然と現代技術を融合した建築の可能性を「住宅」というテーマに注ぎ込んだ作品群が 今も力を持っていると思います.OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この巨匠の空間を直に感じることが、今回の旅の楽しみのひとつでありました.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Aaltoの凄さは、その造作、今の日本建築界で言うところの住宅作家的なディティールの細やかさと

それらをもとに自然との関わり方-北欧では時に冬の厳しい寒さに対する窓まわりのつくり方等-を中心にした

プランニングの巧みさにある.

 

だけど、空間を直に感じて 気になることがいくつもあった.

・夏に気持ちいい住宅になり得ているか.

・階高に対して平面プランがタイトであることによる異和感.

・2階バルコニーと居室の位置関係が適切か.

・1階と2階の内部と外部の捉え方が一貫していないように感じる.

などなど

 

これらについては僕の勉強不足もおおいにあると思うし、

訪れたのが夏だったことも関係しているだろうから

今後Aaltoをもっと知りたいと思うようになりました.