永田昌民さん

同年代の中ではめずらしいかもしれないけれど、

住宅設計を志してからずっと、僕は永田さんの設計する家に 特に意識を向けて見てきました.

建築専門誌を賑わすような 奇抜な形ではなく、控えめで 静かで 日常的な輪郭をもった住まいをつくりつづけてきた人.

 

永田さんのコンパクトな空間感覚が 自分が持っているそれと非常に近いと感じていて、

今でもプランニングするときには自分の感覚と永田さんのプランを見比べながら

図面に定着させていくことがあります.

 

一度もお会いしたことができなかったので、人となりをよく知ってるわけじゃないけれど、

建築をずっと好きでいた人が居なくなってしまったことが

たまらなく寂しいと思う.