4.14 4.16を受けて

今回の地震について

考えたことを何度かブログに綴ってみたけれど、うまくまとまらない.
大きな災害に対して投げかける適切な言葉や文章が分からずにいた.

TVもネットも地震に関するおびただしい数の発言で溢れていて、それらは稚拙なものから周到なものまで様々だけれど、各々の立場や想いに絡んで複雑な感情を生むため扱いが難しい.
問題になった発言が多々あったし、あまり何かを主張すべきでないと思っていた.

同じ思いによるのか分からないけれど、
建築家のブログの中で今回の地震について正面から述べているものが
見た限りとても少ない印象を持った.
日常を綴る媒体の中で、何も無かったかのように時が流れている.

だけど、これだけの建物の損壊を見て 建物をつくる人間が何も思わないはずはないし、
思うことを述べる責任もあると思うようになってきた.

僕は建築設計者、特に住宅のつくり手として
「命を守る建物をつくる」ということに最善を尽くすべきだと思う.

ただ災害が想定外のものであった場合に、たとえ人類の叡智が集積された建物であっても
脆さを大いにはらんでいるということも事実である.
人命は守っても建物のダメージは防げないかもしれない.

リスク管理をどのレベルで設定するかによるけれど万全は無い.
人間はどこかで災害を受け入れなければならないという思いがある.

耐震基準を厳しくしたり、何百年に一度あるかないかの災害のために投資をすることに過剰になるよりも、
捨てるものと捨てないものをきちんと分けて、守ると決めたものを徹底的に守りきる姿勢が 明日への望みをつなぐかもしれない.

建築に対してそういう希望の持ち方をしたいし、 持てるような建築をつくらなければならない.