月別アーカイブ: 2016年10月

選びどころ

いくつかの案件で、クライアントと一緒に土地探し・物件探しをすすめています.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

5989

ほしいものは土地や物件そのものではなく、
その場所に建物や仕上げが施され 空間が生まれて 時間の流れの中で彩られる日常である.

だとすると、土地そのもの・物件そのものが今の状態で満点である必要はなくて
そこに最終的に着地する日常を満点に近づけていけばいいと思う.

では今の状態をどんな考え方でどれぐらいの点数で選ぶかということには
クライアントと建築家の想像力が問われることになる.

場所が誕生した後、長きに渡ってそこで過ごしていくのはクライアント自身であるから
クライアントの価値観・判断基準は最大限に尊重する.
ただ意見を求められた場合には、細かい条件を比較するよりも
その場所が持っている「気」のようなものが良いか悪いかを重視してアドバイスしています.

良い空気感があれば多少の悪条件は致命的ではないし
逆に何となく良い感じがしない場合は好条件でもおすすめしないこともあります.

もちろん空間が成立するかどうかという法規や予算等に基づく精査をした上での話ですが、
最終的な決定は感覚的なものによることが 間違いが少ないように思います.

出来上がる空間も、頭ではなく身体で感じるものです.