日別アーカイブ: 2017年8月2日

これで良かったのか

今まで設計した建物を手描き図面でおこしています.

僕の世代は図面をCAD、いわゆるパソコンソフトで描くのが一般的ですが、
上の世代は製図板にトレーシングペーパーを貼って手描きで図面を描いていた時代があります.
今でも建築士の製図試験は手描きで実施されていますが、それ以外で若い設計者が手描きを必要とされる場面は少なくなってきています.

手描きの図面は描く人の迷いや自信などの心の持ち様が表れるということで
施工者にとっては描かれている事実以上に伝わるものがあると聞きます.

大学院時代に建築家の図面をトレースすることに始まり、卒業設計もたくさんの手描き図面を描きました.
手描き図面の何とも言えない「味」がかっこいいと思っていました(つまりコミュニケーションツールとしてではなくプレゼンスタイルとしての手描き)が、
こうして過去の仕事の軌跡を辿ることは、自分の今後のものづくりの方向性を再確認させてくれると感じました.
あの判断はどうだったのかと.

今後、描いた図面はHPにUPしていく予定です.