ものを大切にする心

役所への書類提出のついでに、三重県立上野高校の明治校舎へ.

明治33年に三重県第三尋常中学校の校舎として建設され、
現在は卒業生である作家横光利一の資料館として一般公開されていると同時に
学校のシンボルとなっています.

中央の玄関ポーチと両脇に和風入母屋屋根が印象的な校舎で、
三重県の登録有形文化財に指定されているそうです.

この建物は校庭に面していて、校内で最も良い場所に建っています.
既に学校建築としての機能を失った校舎を取り壊し、校庭を広くするか新しい校舎を建てるといった計画が持ち上がることが想像できるけれど、
ここでは建物を保存するという方針が貫かれて
今もなお学生や教員、地域の人々に親しまれるものとして維持され続けています.
関係者の方々に敬意を表したいと思いました.

古くなったものを捨ててすぐに新しいものを手に入れようとする時代感覚は
少し見直されてきているように感じます.
この校舎のようなあり方に心惹かれるのもそのひとつです.

建築をつくることで、そのような「兆し」の一助になるように
心がけて仕事をすすめています.