山科の家house in yamashina



住宅密集地に建つ木造家屋の改修計画です.

耐震補強しながらできるだけ大きな空間を確保し、開放的な居間空間を計画しています.

従来の水回りの位置を大きく変えることによって得られる空間の機能性や豊かさを、
確実なコストコントロールによって獲得する試みです.

所在|
京都府山科市
竣工|
unbuild
構造規模|
木造2階建

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です